トップ > 30回記念大会 > YONEX OPEN JAPAN GAME & PLAYER HISTORY

YONEX OPEN JAPAN GAME & PLAYER HISTORY

1982年~1986年 1987年~1991年 1992年~1996年 1997年~2001年 2002年~2006年 2007年~2011年
1987年

ション・グオバオ (中国)
正確なストロークと相手の意表をつくネットプレー。ミスを誘うようなプレースタイルが特長。

1月21日~1月25日
大阪府守口市民体育館

初の大阪開催。日本勢が男子ダブルスと女子ダブルスでそれぞれベスト4の活躍を見せる。
話題となったのはリム・スイ・キンがダブルスで登場し優勝。ベテランらしい高度なテクニックで見事な復活を遂げた。

MS :ション・グオバオ(中国)
WS :リー・リンウェイ(中国)
MD :リム・スイ・キン/エディ・ハルトノ(インドネシア)
WD :リン・イン/グァン・ウェイツェン(中国)
XD :リー・デュクチュン/チョン・ミョンヒ(韓国)






1988年

ニック・イエーツ (イングランド)
粘りのあるレシーブで相手のミスを誘い、時にはスピーディーに攻め立てるプレースタイル。

1月19日~1月24日
群馬県桐生市民体育館
東京都代々木第二体育館

ソウルオリンピックを目前にして大会史上最高の20ヵ国170選手が参加。本大会のヒーローは男子シングルで中国の4連覇を阻んだ英国のニック・イエーツ。男子シングルスは群雄割拠の時代へと突入する。

MS :ニック・イエーツ(イングランド)
WS :ハン・アイピン(中国)
MD :ティエン・ビンギ/リー・ヨンボ(中国)
WD: チョン・ミョンヒ/チョン・ソヨン(韓国)
XD :パク・ジュボン/チョン・ミョンヒ(韓国)






1989年

ヤン・ヤン(中国)
ソウルオリンピックで優勝しているヤン・ヤン。攻守に渡り世界のベストプレーヤーだった。

1月17日~1月22日
東京都代々木第二体育館

人気のヤン・ヤンをはじめ、ダブルスとミックスダブルスで優勝した韓国のエース、パク・ジュボンが活躍。中国と韓国の強さが際だつ。
日本勢では、当時高校生として出場した宮村愛子、水井妃佐子などが活躍。


MS :ヤン・ヤン(中国)
WS :リー・リンウェイ(中国)
MD: パク・ジュボン/イ・ソンボク(韓国)
WD: ジリアン・クラーク/ジリー・ムンディー(イングランド)
XD :パク・ジュボン/チョン・ミョンヒ(韓国)







1990年

陣内貴美子/森久子 (日本)
日本の女子ダブルスで初となる決勝進
出。パワーとコンビネーションは、世界トップクラスだった。

1月23日~1月28日
東京都代々木第二体育館

女子ダブルスで陣内貴美子、森久子ペアが快挙。日本女子ダブルスとしては大会史上初のファイナリストに。
松野修二、松浦進二ペアもベスト4に残るなど、日本人プレーヤーの活躍に注目が集まった。

MS :モルテン・フロスト(デンマーク)
WS :ファン・ファ(中国)
MD: パク・ジュボン/キム・ムンス(韓国)
WD: ヤオ・フェン/ライ・ツァイチン(中国)
XD :パク・ジュボン/チョン・ミョンヒ(韓国)



 


1991年

ジリアン・クラーク/ジリアン・ゴワーズ( イングランド)
本大会で3回も優勝している。ラリーの粘り強さ、左右への揺さぶりが持ち味だった。

1月21日~1月26日
群馬県桐生市民体育館
東京都代々木第二体育館

10周年の記念大会に相応しく、過去最高の25ヵ国262選手が参加。
大会名も新たに「YONEX JAPAN OPEN」に。
ベスト4の内3人がインドネシア勢となり、男子シングルスは新しい時代の到来となる。


MS :アーディー・B・ウィラナタ(インドネシア)
WS :ファン・ファ(中国)
MD :パク・ジュボン/キム・ムンス(韓国)
WD: ジリアン・クラーク/ジリアン・ゴワーズ(イングランド)
XD :パク・ジュボン/チョン・ミョンヒ(韓国)

新着情報

■ご来場者の皆様へ
今大会より世界バドミントン連盟(BWF)の規定により、会場内でのビデオ撮影は禁止になりました。
また、デジタルカメラやカメラ機能付携帯電話の動画撮影機能の使用も禁止といたします。

ライブスコア ドロー
試合結果 タイムテーブル
  • 注目のカード
  • 選手からのメッセージ
  • 出場選手一覧
  • スマッシュクイーン
  • ヨネックス株式会社
  • 味の素株式会社
  • ルネサス エレクトロニクス
  • NTT東日本
  • 日本ユニシス株式会社
  • サッポロビール
  • パナソニック株式会社
  • Badminton World Federation
  • 公益財団法人日本バドミントン協会
  • NHKニュース&スポーツ