トップ > 30回記念大会 > YONEX OPEN JAPAN GAME & PLAYER HISTORY

YONEX OPEN JAPAN GAME & PLAYER HISTORY

1982年~1986年 1987年~1991年 1992年~1996年 1997年~2001年 2002年~2006年 2007年~2011年
1992年

スシ・スサンティ (インドネシア)
「ネット際の魔術師」。前へ飛び出すフットワークは芸術的。相手を翻弄させる。「エアロータス100」を使用。

1月14日~1月19日
東京都代々木
第二体育館

インドネシアの勢いが止まらない。中国、欧州勢を寄せつけない。女子シングルスのスシは出場5回目にしての初優勝。
日本勢では、女子ダブルスの陣内、森ペアがベスト4に入り自国開催のプライドを見せた。

MS :アーディー・B・ウィラナタ(インドネシア)
WS :スシ・スサンティ(インドネシア)
MD: チェン・カン/チェン・ホンヨン(中国)
WD: チョン・ソヨン/ファン・ヒーヨン(韓国)
XD :トーマス・ルンド/ペミール・デュポン(デンマーク)



 

1993年

ヘリアント・アルビ (インドネシア)
芸術的な両足を使ったジャンピングスマッシュ。コーナーを狙った正確なスマッシュは容易には拾えない。

1月12日~1月17日
東京都代々木
第二体育館

男子シングルスは、新星アルビ、アーディーとインドネシアの2強は変わらない。
日本勢は、女子ダブルスのエース、陣内と森が引退した後だったが、宮村愛子、松田治子ペアがベスト4に入る活躍を見せた。

MS :ヘリアント・アルビ(インドネシア)
WS :イエ・チャオイン(中国)
MD :チェン・カン/チェン・ホンヨン(中国)
WD: チョン・ソヨン/ギル・ヨンア(韓国)
XD : トーマス・ルンド(デンマーク)/カトリーヌ・ベントソン(スウェーデン)







1994年

アーディー・B・ウィラナタ (インドネシア)
シャトルを散らしながらじっくりと試合を運ぶ。脅威のレシーブは未だに語り継がれる。

1月18日~1月23日
東京都代々木
第二体育館

インドネシアのアーディー、スシは貫禄のウィナー。
男子ダブルスもインドネシアの勢いは加速するばかり。5種目中3種目の栄誉が同国に渡る。
日本勢は、男子シングルスの町田文彦や女子シングルスの水井妃佐子が善戦した。


MS :アーディー・B・ウィラナタ(インドネシア)
WS: スシ・スサンティ(インドネシア)
MD: リッキー・スバグジャ/デニー・カントノ(インドネシア)
WD: チョン・ソヨン/ギル・ヨンア(韓国)
XD :ヨン・ホルスト・クリステンセン(デンマーク)/
   カトリーヌ・ベントソン(スウェーデン)





1995年

ゲー・フェイ/グー・ジュン (中国)
相手に攻めさせないプッシュ&スマッシュの嵐。押し続ける攻めのプレースタイルが真骨頂。

1月24日~1月29日
東京都駒沢
オリンピック公園
総合運動場体育館

90年代中盤はまさにインドネシアがバドミントンの最強国。アルビ、アーディー、スシがその代表と言える。
その他の強豪国では、女子ダブルスで当時世界ランク1位の中国組が実力通りのプレーで観客を魅了した。

MS :ヘリアント・アルビ(インドネシア)
WS :スシ・スサンティ(インドネシア)
MD: リッキー・スバグジャ/レキシー・マイナキー(インドネシア)
WD: ゲー・フェイ/グー・ジュン(中国)
XD :トーマス・ルンド/マーレーン・トムセン(デンマーク)





1996年

ジョコ・スプリアント ( インドネシア)
試合をコントロールする配球の妙技。精神力の強さもあった。高く深いロングサーブも印象的。

1月16日~1月21日
東京都代々木
第二体育館
両国NTT東京体育館

アトランタオリンピックを目前に控え、世界26ヵ国、総勢約340名のプレーヤーが参加。
インドネシアのベテラン、ジョコ・スプリアントが、勢いに乗る若手プレーヤーに勝ち初優勝を飾ったことが大会の話題となる。


MS :ジョコ・スプリアント(インドネシア)
WS :イエ・チャオイン(中国)
MD :リッキー・スバグジャ/レキシー・マイナキー(インドネシア)
WD: ギル・ヨンア/ジャン・ヘオク(韓国)
XD :パク・ジュポン/ラ・キョンミン(韓国)

新着情報

■ご来場者の皆様へ
今大会より世界バドミントン連盟(BWF)の規定により、会場内でのビデオ撮影は禁止になりました。
また、デジタルカメラやカメラ機能付携帯電話の動画撮影機能の使用も禁止といたします。

ライブスコア ドロー
試合結果 タイムテーブル
  • 注目のカード
  • 選手からのメッセージ
  • 出場選手一覧
  • スマッシュクイーン
  • ヨネックス株式会社
  • 味の素株式会社
  • ルネサス エレクトロニクス
  • NTT東日本
  • 日本ユニシス株式会社
  • サッポロビール
  • パナソニック株式会社
  • Badminton World Federation
  • 公益財団法人日本バドミントン協会
  • NHKニュース&スポーツ