トップ > 30回記念大会 > YONEX OPEN JAPAN GAME & PLAYER HISTORY

YONEX OPEN JAPAN GAME & PLAYER HISTORY

1982年~1986年 1987年~1991年 1992年~1996年 1997年~2001年 2002年~2006年 2007年~2011年
1997年

ピーター・ラスムセン (デンマーク)
左から放たれるパワフルな攻撃力のあるスマッシュが武器。シンプルな攻撃スタイルが印象に残る。

1月14日~1月19日
東京都代々木
第二体育館

デンマークのラスムセンがインドネシアから7年ぶりとなる優勝を勝ち取る。また同国のホープ、ピーター・ゲードがベスト4に。
女子シングルスでは17歳で優勝したインドネシアのミアも話題の中心となった。

MS :ピーター・ラスムセン(デンマーク)
WS :ミア・アウディナ(インドネシア)
MD :リッキー・スバグジャ/レキシー・マイナキー(インドネシア)
WD: ゲー・フェイ/グー・ジュン(中国)
XD :リュウ・ヨン/ゲー・フェイ(中国)






1998年

ゴン・ジーチャオ( 中国)
当時女子シングルスで最強と謳われたイエ・チャオインをストレートで破る。圧倒的なスピードプレーが魅力。

1月13日~1月18日
東京都代々木
第二体育館

大会名が「YONEX OPEN JAPAN」に。本大会のヒーローはデンマークの若きエース、ピーター・ゲード。
男子ダブルスでは、マレーシアのチー、ヤップペアが念願の優勝。母国に12年ぶりとなる優勝をもたらした。

MS :ピーター・ゲード(デンマーク)
WS :ゴン・ジーチャオ(中国)
MD :チー・スーンキット/ヤップ・キムホック(マレーシア)
WD: ゲー・フェイ/グー・ジュン(中国)
XD :キム・ドンムン/ラ・キョンミン(韓国)





1999年

ピーター・ゲード ( デンマーク)
世界のトップランカーとして地位を築いた。磨きをかけたジャンピングスマッシュでV2に輝く。

4月6日~4月11日
東京都代々木
第二体育館

ピーターの2連覇、イエの3年ぶりの優勝で盛り上がりを見せた本大会。
日本勢は、舛田圭太が中国の実力派チェン・ガンに競り勝ち大金星をあげる。
女子ダブルスでは、ゲー・フェイ、グー・ジュンペアが3連覇を果たす。


MS :ピーター・ゲード(デンマーク)
WS :イエ・チャオイン(中国)
MD :ハ・テコン/キム・ドンムン(韓国)
WD: ゲー・フェイ/グー・ジュン(中国)
XD :リュウ・ヨン/ゲー・フェイ(中国)





2000年

チャンドラ・ウィジャヤ/トニー・グナワン
(インドネシア)
早い展開で試合の流れをつかむのに長けたペア。素早く動き回るコンビネーションが秀逸。

4月4日~4月9日
東京都代々木
第二体育館

強国中国の中でもジー・シンポンやゴン・ジーチャオが活躍。
インドネシア勢も踏ん張り、男子ダブルスではチャンドラ、トニーペアが初優勝。
日本勢は、舛田圭太、佐藤翔治などがベスト16入りと意地を見せる。

MS :ジー・シンポン(中国)
WS :ゴン・ジーチャオ(中国)
MD :チャンドラ・ウィジャヤ/トニー・グナワン(インドネシア)
WD: ファン・ナヤン/ヤン・ウェイ(中国)
XD :リュウ・ヨン/ゲー・フェイ(中国)







2001年

ロスリン・ハシム (マレーシア)
マレーシア初の男子シングルスウィナーに輝いたハシム。ディフェンス力があり、相手の体力を奪い、ミスを誘い込む。

4月3日~4月8日
東京都代々木
第二体育館

女子シングルスとして14年ぶりにベスト4に輝いた森かおりや期待のホープ佐藤翔治が強豪マレーシアから金星をあげるなど、日本勢の活躍が目立った。


MS :ロスリン・ハシム(マレーシア)
WS :ツォウ・ミー(中国)
MD :チャンドラ・ウィジャヤ/シギット・ブディアルト(インドネシア)
WD :ガオ・リン/ファン・スイ(中国)
XD :バンバン・スプリアント/ミナルティ・ティムール(インドネシア)

新着情報

■ご来場者の皆様へ
今大会より世界バドミントン連盟(BWF)の規定により、会場内でのビデオ撮影は禁止になりました。
また、デジタルカメラやカメラ機能付携帯電話の動画撮影機能の使用も禁止といたします。

ライブスコア ドロー
試合結果 タイムテーブル
  • 注目のカード
  • 選手からのメッセージ
  • 出場選手一覧
  • スマッシュクイーン
  • ヨネックス株式会社
  • 味の素株式会社
  • ルネサス エレクトロニクス
  • NTT東日本
  • 日本ユニシス株式会社
  • サッポロビール
  • パナソニック株式会社
  • Badminton World Federation
  • 公益財団法人日本バドミントン協会
  • NHKニュース&スポーツ