トップ > 30回記念大会 > YONEX OPEN JAPAN GAME & PLAYER HISTORY

YONEX OPEN JAPAN GAME & PLAYER HISTORY

1982年~1986年 1987年~1991年 1992年~1996年 1997年~2001年 2002年~2006年 2007年~2011年
2002年

ツォウ・ミー (中国)
V2に輝く。ショートサービスから試合をコントロール。最後は鋭いカウンターで突き放す。

4月2日~4月7日
東京都代々木
第二体育館

日本のエース舛田が20年ぶりのベスト4に。
また女子シングルスでは、米倉加奈子もベスト8まで勝ち残った。
舛田で注目を浴びた男子シングルスの熾烈な優勝争いは、韓国が初の栄誉に輝く。

MS :イ・ヒョンイル(韓国)
WS: ツォウ・ミー(中国)
MD: チャン・チョンミン/チュー・チューエン(マレーシア)
WD: ラ・キョンミン/イ・キュンウォン(韓国)
XD :キム・ドンムン/ラ・キョンミン(韓国)





2003年

カミラ・マーチン (デンマーク)
出場12回目にして初優勝。ベテランならではの多彩なプレーで、若手プレーヤーを翻弄した。

4月1日~4月6日
東京都代々木
第二体育館

女子シングルスではカミラ・マーチンが大活躍。
中国勢を破り本大会自身初の優勝。
男子シングルス、女子ダブルス、ミックスダブルスの3種目は中国が圧巻の勝利。
強豪国の底力を見せつけた大会となる。

MS :シャー・シャンゼ(中国)
WS: カミラ・マーチン(デンマーク)
MD: フランディー・リンペレ/エン・ヒアン(イングランド)
WD: ガオ・リン/ファン・スイ(中国)
XD :ツァン・ジュン/ガオ・リン(中国)




2004年

ロナルド・スシロ( シンガポール)
頭脳的プレーで相手の裏をつく配球のテクニック。相手の弱いところを見つけ、徹底的に攻め立てる。

4月6日~4月11日
東京都代々木
第二体育館

シンガポール初の栄冠となった男子シングルスのロナルド・スシロ。
そして女子シングルスでは、ミアが復活し2度目の優勝を飾る。
日本勢は、森かおりをはじめ女子が大活躍。4組がベスト8に進出する快挙。


MS :ロナルド・スシロ(シンガポール)
WS: ミア・アウディナ(オランダ)
MD: ハ・テコン/キム・ドンムン(韓国)
WD: ラ・キョンミン/イ・キュンウォン(韓国)
XD :ノバ・ウィディアント/ヴィタ・マリサ(インドネシア)





2005年

リン・ダン (中国)
攻撃力、瞬発力、持久力、すべてが世界トップレベル。トリッキーなラケットさばきも強さの秘訣。

4月5日~4月10日
東京都代々木
第二体育館

男子シングルスではリン・ダンが本大会で初優勝し実力の差を見せつける。
女子もツァン・ニンが勝利し中国がシングルスを独占。
日本勢は、小椋、潮田ペアが、12年ぶりにベスト4に進出を果たした。

MS :リン・ダン(中国)
WS :ツァン・ニン(中国)
MD :マーチン・ルンドガード・ハンセン/イエンス・エリクセン(デンマーク)
WD: ヤン・ウェイ/チャン・ジェウェン(中国)
XD :スッケー・プラパカモル/サラリー・トゥントーンカム(タイ)





2006年

タウフィック・ヒダヤット (インドネシア)
見事準優勝を勝ち取る。緩急をつけた変幻自在のラリーやスマッシュ並みに強力なハイバック。独特のテクニックを持つ。「アーマーテック700」を使用。

10月10日~10月15日
東京都代々木
第一体育館

坂本修一、池田信太郎ペアが男子ダブルスとして16年ぶりのベスト4に。
男女シングルスは、昨年と同じくリン・ダン、ツァン・ニンの中国勢が勝利。特にツァン・ニンとシェー・シンファンの決勝は、歴代名勝負のNo.1との声が高い。


MS :リン・ダン(中国)
WS: ツァン・ニン(中国)
MD: チャンドラ・ウィジャヤ(インドネシア)/トニー・グナワン(アメリカ)
WD: ガオ・リン/ファン・スイ(中国)
XD :フランディー・リンペレ/ヴィタ・マリサ(インドネシア)

新着情報

■ご来場者の皆様へ
今大会より世界バドミントン連盟(BWF)の規定により、会場内でのビデオ撮影は禁止になりました。
また、デジタルカメラやカメラ機能付携帯電話の動画撮影機能の使用も禁止といたします。

ライブスコア ドロー
試合結果 タイムテーブル
  • 注目のカード
  • 選手からのメッセージ
  • 出場選手一覧
  • スマッシュクイーン
  • ヨネックス株式会社
  • 味の素株式会社
  • ルネサス エレクトロニクス
  • NTT東日本
  • 日本ユニシス株式会社
  • サッポロビール
  • パナソニック株式会社
  • Badminton World Federation
  • 公益財団法人日本バドミントン協会
  • NHKニュース&スポーツ