トップ > 30回記念大会 > YONEX OPEN JAPAN GAME & PLAYER HISTORY

YONEX OPEN JAPAN GAME & PLAYER HISTORY

1982年~1986年 1987年~1991年 1992年~1996年 1997年~2001年 2002年~2006年 2007年~2011年

2007年

リー・チョンウェイ (マレーシア)
パワー&アジリティの高さで優勝。相手の意表をつくカットを武器に世界No. 1 になった。「アーマーテック900パワー」を使用。

9月11日~9月16日
東京体育館

男女シングルスの絶対王者は引き継がれた。その一人は、マレーシア代表のリー・チョンウェイ。そしてデンマークのティーネ・ラスムセン。
新しい二人のヒーロー&ヒロインの登場がこの大会の話題となった。

MS :リー・チョンウェイ(マレーシア)
WS: ティーネ・ラスムセン(デンマーク)
MD: チャンドラ・ウィジャヤ(インドネシア)/トニー・グナワン(アメリカ)
WD: ヤン・ウェイ/ツァン・ジェウェン(中国)
XD :ツェン・ポー/ガオ・リン(中国)







2008年

ソニ・ドゥイ・クンチョロ ( インドネシア)
インドネシアに12年ぶりの優勝をもたらす。ジャンプスマッシュやロブのプレーは秀逸。

9月16日~9月21日
東京体育館

日本に期待の新星が登場する。その期待に見事に応えた田児賢一。ベスト4という快挙を成し遂げ、日本のファンに感動を与えた。
日本女子ダブルスの末綱、前田のペアもベスト8へ進出。日本勢が世界に新しいチカラを見せつけた。

MS :ソニ・ドゥイ・クンチョロ(インドネシア)
WS: ワン・イーハン(中国)
MD: ラス・パースク/ヨナス・ラスムセン(デンマーク)
WD: チェン・シュー/ツァオ・ユンレイ(中国)
XD :ムハンマド・リジャル/ヴィタ・マリサ(インドネシア)






2009年

マルキス・キドー/ヘンドラ・セティアワン(インドネシア)
世界選手権や北京オリンピックで優勝するも、本大会では初の優勝となった最強コンビ。

9月22日~9月27日
東京体育館

日本代表の女子が大活躍した本大会。末綱、前田ペアの準優勝に加え、シングルスでは廣瀬栄理子がベスト4に進出。
近年はどの大会でも上位進出することが多くなり強い日本が蘇る。


MS :バオ・チュンライ(中国)
WS: ワン・イーハン(中国)
MD: マルキス・キドー/ヘンドラ・セティアワン(インドネシア)
WD :マ・ジン/ワン・シャオリー(中国)
XD :ソンフォン・アヌクリタヤウォン/
   クルチャラ・ウォラウイチツアイクル(タイ)





2010年

リー・チョンウェイ( マレーシア)
世界No.1であることを本大会で証明する2度目の優勝。スピード、テクニックは、バドミントンプレーの理想型。

9月21日~9月26日
東京体育館

男子シングルスは、リー・チョンウェイがリン・ダンを破り2度目の優勝。
他の種目では、女子シングルスでは初優勝のジャンをはじめ、中国勢がトップを独占。改めて中国の強さを世界に知らしめる。

MS :リー・チョンウェイ(マレーシア)
WS: ジャン・ヤンジャオ(中国)
MD: カイ・ユン/フ・ハイファン(中国)
WD: ユ・ヤン/ワン・シャオリー(中国)
XD :ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ(中国)







2011年

 

9月20日~9月25日
東京体育館
昨年の王者リー・チョンウェイをはじめ、ピーター・ゲード、タウフィック・ヒダヤットら、世界中からトッププレーヤーが参戦します。
その中で、日本のプレーヤーたちが母国の意地をどこまで見せられるか、ご期待ください。

新着情報

■ご来場者の皆様へ
今大会より世界バドミントン連盟(BWF)の規定により、会場内でのビデオ撮影は禁止になりました。
また、デジタルカメラやカメラ機能付携帯電話の動画撮影機能の使用も禁止といたします。

ライブスコア ドロー
試合結果 タイムテーブル
  • 注目のカード
  • 選手からのメッセージ
  • 出場選手一覧
  • スマッシュクイーン
  • ヨネックス株式会社
  • 味の素株式会社
  • ルネサス エレクトロニクス
  • NTT東日本
  • 日本ユニシス株式会社
  • サッポロビール
  • パナソニック株式会社
  • Badminton World Federation
  • 公益財団法人日本バドミントン協会
  • NHKニュース&スポーツ