期間中毎日更新ライブスコアドロータイムテーブル・試合結果

もっと見る

スマッシュクイーン

YONEX OPEN JAPAN 2015のスマッシュクイーンをご紹介します。

詳細

もっと見る

NEWS

リー・チョンウェイは、ベテランのブーンサック・ポンサナと対戦!女子ダブルスは世界選手権の銅メダル同士が激突!その他、明日のみどころはこちら!

男子シングルス:

ブーンサック・ポンサナ(タイ) VS リー・チョンウェイ(マレーシア)

予選2試合を難なく突破した元世界ランク1位のリー・チョンウェイ。本戦1回戦でブーンサック・ポンサナと対戦する。ともに上位大会スーパーシリーズを制したことのある32歳と33歳のベテラン2人の顔合わせは初対戦の2006年から数えて通算26回目。これまでは23勝2敗とリー・チョンウェイが圧倒している


女子シングルス:

キャロリーナ・マリン(スペイン) VS 橋本由衣(NTT東日本)

世界選手権連覇を果たし波に乗るキャロリーナ・マリン。第1シードで臨む今大会は、全英オープン、マレーシアオープン、オーストラリアンオープンに続く今シーズン、スーパーシリーズ4勝目を狙う。初戦の相手は日本の橋本由衣。6月のインドネシアオープンでは同じく初戦でぶつかり、橋本に初黒星を喫している


スン・ジヒュン(韓国) VS 山口茜(勝山高校)

出場資格を得ながら世界選手権を回避しインターハイ3連覇を成し遂げた山口茜が、2013年に日本人初優勝を成し遂げたヨネックスジャパンオープンに登場する。ただ初戦の相手は過去3戦して一度も勝ったことのないスン・ジヒュン。日本期待の18歳が、ロンドン五輪金メダルのリ・シュェルイ(中国)と対戦し1回戦負けに終わった昨年の二の舞を避けられるか、注目される


男子ダブルス:

リュウ・シャオロン/チゥ・ジーハン(中国) VS マシアス・ボー/カールステン・モゲンセン(デンマーク)

ヨネックスオープンジャパン1回戦で、世界選手権男子ダブルスの準々決勝と同じ組み合わせが見られる。世界選手権ではリュウ・シャオロン/チゥ・ジーハンが、第2シードのマシアス・ボー/カールステン・モゲンセンを破る金星を上げ、勢いに乗って銀メダルを手にした。今回は、マシアス・ボー/カールステン・モゲンセンが、不覚を取った世界選手権のリベンジに挑む


早川賢一・遠藤大由(日本ユニシス) VS ギデオン・マルクス・フェルナルディ/ケフィン・サンジャヤ・スカムルジョ(インドネシア)

日本のエース早川賢一・遠藤大由が、世界選手権銅メダルをひっさげ自国開催のヨネックスオープンジャパンで日本男子初の優勝に挑む。初戦の相手はインドネシア5番手のギデオン・マルクス・フェルナルディ/ケフィン・サンジャヤ・スカムルジョ(インドネシア)。世界ランクは32位で、6位の早川・遠藤よりはるかに下位ながら、7月の台湾オープングランプリゴールドで準優勝するなど実力はあり、決してあなどれない。


女子ダブルス

グレイシア・ポリー/ニトヤ・クリシンダ・マヘスワリ(インドネシア) VS 福万尚子・與猶くるみ(再春館製薬所)

世界選手権銅メダルペア同士の対戦。実績的にはアジア大会優勝のインドネシアペアが上だが、福万・與猶が全日本社会人選手権優勝の流れにも乗って、世界ランク5位の強豪相手に結果を残せるか。銅メダリストとしての真価が問われる。

  • YONEX
  • BWF
  • 保険・生命保険のメットライフ生命
  • 日本バドミントン協会
  • 「アミノバイタル」│味の素株式会社
  • 再春館製薬所
  • サッポロビール株式会社
  • 日本ユニシス株式会社
  • 東日本電信電話株式会社
Copyright(c) 2004-2015 Nippon Badminton Association All Rights Reserved. 掲載の写真、記事の無断転載及び複写を禁じます。