期間中毎日更新ライブスコアドロータイムテーブル・試合結果

もっと見る

スマッシュクイーン

YONEX OPEN JAPAN 2015のスマッシュクイーンをご紹介します。

詳細

もっと見る

NEWS

2回戦で早くも黄金カードが実現!リー・チョンウェイVSリン・ダン!
奥原、三谷はともに世界トップランカーに挑む!

男子シングルス:

リン・ダン(中国) VS リー・チョンウェイ(マレーシア)

北京、ロンドンと2大会連続で五輪決勝を争った男子シングルスの「レジェンド」2人が、なんと2回戦で対戦する。1回戦はともにファイナルゲームまで戦い、条件は同じか。2人が最後に対戦したのは1年前のアジア大会準決勝で、この時はリン・ダンが勝利。過去の対戦成績でも24勝9敗とリン・ダンが大きくリードしている。8月の世界選手権では、直接対決を目前にしてリン・ダンがヤン・ウ・ヨルゲンセン(デンマーク)に敗退。ファン待望の黄金カードは先送りとなっていたが、ここ東京体育館で実現する

桃田賢斗(NTT東日本) VS トミー・スギアルト(インドネシア)

体調不良が伝えられながら、自国開催の大会で観客の期待に見事応えストレート勝ちで初戦を突破した日本のエース、桃田賢斗。2回戦の相手トミー・スギアルト(インドネシア)は、一時より世界ランクを落としているが、前週のベトナムオープングランプリ(GP)で優勝するなど、実戦で調子を整えながら今大会に臨んできた。対戦相手への言及はないものの、1回戦に勝利した後、「今大会、決勝まで進みたい」と述べている。対戦成績は2勝2敗。昨年末のスーパーシリーズファイナルでは、桃田が勝っている


女子シングルス:

サイナ・ネワル(インド) VS 三谷美菜津(NTT東日本)

1回戦で世界ランク上位、インドのシンデュ・P.Vを破った三谷美菜津。2回戦では、世界選手権で銀メダルを獲得し、目下世界ランキング1位、同じインドのサイナ・ネワルとぶつかる。過去に2度勝利したことはあるものの、昨年はユーバー杯、デンマークオープンスーパーシリーズプレミアと2連敗を喫している。目標に掲げるリオデジャネイロ五輪に向け練習環境を変えてから、今シーズン、殻をうちやぶった感のあるインドのエースに対し、世界ランクで日本4番手の三谷が持ち前の粘りを発揮できるか

ラチャノック・インタノン(タイ) VS 奥原希望(日本ユニシス)

ジュニア時代からのライバルで、ともに世界ジュニアチャンピオンの肩書を持つ2人が早くも激突する。世界ジュニア3連覇、さらに世界選手権(2013年)も勝っているインタノンが実力、実績ともに先行。追いかける奥原は4月のマレーシアオープンで初白星を挙げたが、「それでも強いのは間違いない」と気を抜かない

リ・シュェルイ(中国) VS 今別府香里(ヨネックス)

1回戦を19-21,26-24,22-20で競り勝った今別府香里が、ロンドン五輪金メダルのリ・シュェルイに挑む。対戦相手棄権のため労せず2回戦に進んだリ・シュェルイが体力を温存できていて有利なのは間違いない。ただ、今別府は応援を背に接戦を取った勢いに乗り、金星を狙う


男子ダブルス:

フ・ハイファン/ツァン・ナン(中国) VS 平田典靖・橋本博且(トナミ運輸)

中国のトップペア、フ・ハイファン/ツァン・ナンと、日本2番手の平田典靖・橋本博且が初対戦する。平田・橋本は、この種目で日本ペアとして初めてスーパーシリーズ優勝を果たしながら、前回の五輪レースでは国内ペアとの競争に敗れロンドン五輪出場権を逃した。最後の挑戦となる今回の五輪レース、国内2番手から1番手へと浮上するためには、1番手の早川賢一・遠藤大由を上回る結果を残していく必要がある。今大会も相手が誰であれ、早川・遠藤と同じ結果には終われない

ヘンドラ・セティアワン/モハマド・アッサン(インドネシア) VS ウラジミール・イワノフ/イワン・ソゾノフ(ロシア)

8月の世界選手権を制したばかりのヘンドラ・セティアワン/モハマド・アッサンが、ロシアのウラジミール・イワノフ/イワン・ソゾノフを迎え撃つ。総合力ではヘンドラ・セティアワン/モハマド・アッサンが上だが、197センチのイワノフ、184センチのソゾノフが繰り出す角度のあるショットに苦しめられるトップペアは少なくない


女子ダブルス

前田美順・垣岩令佳(再春館製薬所) VS チェ・ユジュン/キム・ソヨン(韓国)

前田美順・垣岩令佳と対戦するチェ・ユジュン/キム・ソヨンは、3月の全英オープンから組み始めたペアで、今シーズンここまで目立った成績はない。ただ伝統的にダブルスの強い韓国の選手だけに油断は禁物。昨年準優勝の前田・垣岩は今大会厳しい組み合わせで、3回戦以降は強豪中国との対戦が続くことが予想される。そのため、2回戦はすっきり勝って勢いを得たいところだ


混合ダブルス

ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ぺダセン(デンマーク) VS イ・ヨンデ/イ・ソヒ(韓国)

ロンドン五輪で銅メダルを獲得し、現在もアジア勢に交じって世界ランク5位と世界のトップペアとして活躍するヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ぺダセンに、人気と実力を兼ね備えた韓国のスター選手、イ・ヨンデが挑む。イ・ヨンデは、男子ダブルスで現在世界1位のほか、混合ダブルスでは別のパートナーと組んで北京五輪で金メダルを獲得した真の実力者だ 

  • YONEX
  • BWF
  • 保険・生命保険のメットライフ生命
  • 日本バドミントン協会
  • 「アミノバイタル」│味の素株式会社
  • 再春館製薬所
  • サッポロビール株式会社
  • 日本ユニシス株式会社
  • 東日本電信電話株式会社
Copyright(c) 2004-2015 Nippon Badminton Association All Rights Reserved. 掲載の写真、記事の無断転載及び複写を禁じます。